SPIではわからない?対策される能力検査に「オリジナル適正検査」導入のすすめ

SPIではわからない?対策される能力検査に「オリジナル適正検査」導入のすすめ

企業の採用試験に導入されることの多い能力検査。SPIをはじめとした能力検査では基礎能力や人物特性を可視化する目的があります。しかし事前に対策されてしまい、その人の実力がわかりにくいといった点が問題視されています。この記事ではSPIがなぜ対策されてしまうのか、おすすめしたいオリジナルの適正検査について解説します。

SPIなどの採用時適性検査にはどんなものがある?

採用現場において、書類審査や面接ではわからない志望者の資質や特性を測るために、適性検査を実施する企業が多いでしょう。適性検査で測定できる志望者の要素は、採用する検査によって異なりますが、適性検査のタイプは主に「能力検査」と「性格検査」に分けられます。

受験者の知的能力や一般常識を見極める「能力検査」

「能力検査」とは、受験者の思考力や判断力といった仕事に必要な知的能力や、専門的な知識、一般常識など、本人が集積した知識量について試験を通して確認する検査です。
企業が取り入れている代表的な能力検査として、SPIが挙げられます。SPIには文章読解力などの国語力を問う言語的な分野と、数的処理能力や論理的思考力を問う非言語分野で受験者の能力を測定します。

日常的な考え方や行動について推し量る「性格検査」

「性格検査」とは、受験者の日常生活での行動や考え方などに関する質問を出題し、本人の性格的な特徴を測ることを目的とした検査です。検査によってわかるのは本人の性格的な傾向であり、こうでなければならないといった「正解」がないということは覚えておきましょう。

SPIは対策される!?出題される問題の内容から見える理由

解説したとおり、これまでSPIの能力検査は受験者の思考能力を問う検査でした。しかしSPIは有名な試験であり、利用者も多いため、検査問題の傾向が見えてしまっているところが問題視されています。例えば言語的な分野であれば、ある語と反対の語を選択する内容であったり、二つの語の関連を考えたり、それと同じ関係の語句を選択したりといった問題が代表的です。また非言語的な分野であれば、主に文章を読解して正しい情報のものを選ぶといった試験が出題されます。このように問題の傾向がある程度定まっているため、受験者が事前に例題を繰り返し解いて、解法を暗記しておくといった対策を行うことが容易にできてしまうのです。

SPIなどの能力検査では自社に必要なスキルがわからない可能性も

対策が行われた検査結果を見ただけでは、本人の資質を正しく把握できたとは言えません。そのため入社後に配属された職場が本人の資質とマッチしていなかった、といった問題が起こる可能性も否定できません。そこで現在は、能力検査よりも性格検査を重視する企業も増えてきています。

自社が欲しいと考える即戦力のスキルを見極めるには

それでは採用後のミスマッチを防ぎ、志望者と採用者がお互いに納得できる採用試験を行うために、人事担当者はどのような採用活動を行うべきなのでしょうか。以下で具体的なポイントについて紹介します。

面接時に押さえておきたい見極めポイント

まずは、適正検査の前に面接で直接会話を交わして、志望者の資質を見極めておくことが重要です。
面接の限られた時間で志望者の人柄を見極めるには、採用において何を重視するかポイントを絞って質問するようにしましょう。配属される部署によって、求められるスキルは様々です。例えば、営業の場合ならコミュニケーションスキルやストレス耐性が求められます。語学力が必要な部署であれば外国語スキルが重要であり、事務作業の場合はパソコンスキルなど、求められる適性は様々です。志望者がどの分野に関してどの程度のスキルを有しているのか、面接の段階でしっかり把握できるような質問などを準備しましょう。
また、志望者の志望動機の確認も重要です。本人の志望動機がしっかりしたものであれば、採用後も自社に長く定着し、モチベーション高く業務に取り組んでくれるからです。面接する際は、志望動機を細かく確認するようにしましょう。
面接の際の受け答えや、企業や業務に関する情報を事前に調査しているかといったことも、本人のコミュニケーションスキルや仕事のモチベーションの高さを推察するのに役立つので、しっかりと確認するとよいでしょう。

自社にコミットした内容をオリジナルで作成したテストの活用

面接で志望者の資質を判断した上で、能力検査で本人の知的能力や知識をテストして裏付けを取るのも大切です。
しかし既存の能力検査を用いただけでは、前述したとおり受験者の実際の能力や自社の業務に見合っているかどうか判断できない場合もあります。そこで自社の業務に必要なスキルや、知っておいて欲しい情報などを盛り込んだテストを活用するのもひとつの手でしょう。オリジナルの能力検査を実施することで、客観的で定量的な結果を得られるので企業側のメリットも大きいです。

ラクテスなら完全オリジナルからテンプレートまで自由に活用可能

自社でのオリジナル適正検査を導入したい場合は「ラクテス」を活用しましょう。ラクテスは利用者の必要に応じて、自由に設問や配点を設定できるクラウド型のテストシステムです。
試験を一からオリジナルで作るのは、自社に特化したテストが行えるメリットがある一方で、作成に手間がかかるというデメリットもあります。そうした問題を解決するため、ラクテスでは複数のテンプレートを準備しています。

ラクテスのテンプレートにはどんな問題がある?ちょっと覗いてみた

ラクテスにはExcel操作やWebマーケティングといった仕事のスキルを確かめる問題や、社会人としてのマナーや礼儀を問う基礎的な問題のほか、人事採用に関わる問題など、様々な分野に関するテストテンプレートが用意されています。
以下ではテンプレートの詳細について紹介します。

パソコンの基礎 Excel

企業が日常的な業務にExcelを使用する機会は非常に多いです。ラクテスでは受験者がExcelに関してどの程度スキルを有しているか、基本的な操作や関数に関する知識の習得レベルを確認するための、便利なExcelのテストテンプレートがあります。
関数に関する問題は、主に業務で使われる関数についての内容が出題され、場面に応じてどの関数を使うべきかという問題や、逆に関数からそれが何を表しているのかといった問題、そして表示されたエラーの理由に関する問題などが用意されています。

宅地建物取引業の場合

不動産の売買を行う宅地建物取引業で必要とされているのが宅地建物取引士です。ラクテスでは宅地建物取引士に関する基礎知識のテンプレートもあります。宅地建物取引士に関するテストでは、都市計画法や国土利用計画法、土地区画整理法などに関する問題や、宅地建物取引士として知っておきたい基礎知識に関する問題が、テンプレートとして用意されています。
資格を持っている人の知識レベルの確認に役立つほか、社内の受験者が資格取得前の練習として活用することも可能です。

Webマーケターの場合

現代のウェブマーケティングの業務で必須とされるのは、サイト運営や効果検証を行う上で欠かせないGoogleアナリティクスやサーチコンソールといったツールの操作です。ラクテスにはそれぞれの使い方や理解度を確かめるために役立つテストテンプレートがあります。
Googleアナリティクスやサーチコンソールに関するテストには、ページビューや離脱率指標など、ツールを使う上での基礎的な知識についての問題があり、サーチコンソールに関するテストには、検索結果のパフォーマンスに関する問題などが用意されています。

まとめ

効果的な能力試験を取り入れられれば、社員や入社志望者の今の能力やスキル、業務に関するモチベーションを正しく把握できるでしょう。採用の際に、企業と志願者の適正がマッチすれば、社員もモチベーション高く業務に取り組めます。紹介したラクテスを積極的に活用し、便利で効果的な能力審査を社内にいち早く取り入れられれば適切な人事配置が可能となり、社内の業務効率もより向上させられるでしょう。

page top