ライターの日本語能力をチェックできるテスト

ライター採用のためのテスト問題

間違って使われることが多い日本語表現について、正しい意味を理解しているかをチェックするテスト問題です。ライター採用時のテストとして使用できます。

「煮詰まる」「姑息」「小春日和」などの、誤用されやすい日本語表現について、ライターが正しい意味を理解しているかどうかをチェックするためのテスト問題です。正しい日本語で文章を書くための最低限の語彙力があるかどうかを測ることができます。
ライターを公募して採用する際に最適なテストです。ぜひこのテストを使って、文章力の高いライターを採用してください。
テスト終了後には、問題の解答・解説をフィードバックとして公開できるため、ライターの育成にも役立ちます。
回答は選択式です。問題は全12問で、制限時間は30分です。

対象職種
ライター、編集者、広報などライティングスキルが必要な職種
問題形式
選択式
問題数
全12問
制限時間
30分

テスト問題プレビュー

以下の文章が日本語として正しい場合は〇、誤っている場合は×を選択してください。

1. 桜が咲くにはまだ少し早かったが、3月のあたたかな小春日和に迎春祭が開催された。

2. 議論は煮詰まってしまい、結局良いアイデアは浮かばなかった。

3. 長い歴史を持ち、皇室にもゆかりのあるその料亭は、私たち一般人にとって、少々敷居が高く感じるかもしれません。

無料登録をすると、
この問題を無料でご利用いただけます!

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

満永亜美(監修者)

サイトエンジン株式会社の社内ライターとして、自社サイト内の記事をはじめ、様々な記事のライティング・校正を行っています。

page top