YouTuber・インフルエンサー入門テスト

YouTubeやTikTok、Instagramなどの動画/ショート動画投稿プラットフォームで適切にコンテンツを制作・配信するために必要な知識を問うテストです。

本テストは、YouTuberを目指す個人や、動画マーケティングを展開する企業のスタッフなどに最適な内容となっています。テスト受講を通じて、モラルを考慮した適切な運用を行い、有益なコンテンツ制作の基本を身に付けることができます。
規約違反になる危険なコンテンツ、他者の権利を侵害するリスク、視聴者を誤解させる表現、企業のブランドイメージを損なう可能性のあるコンテンツなどについて出題されます。
また、ショート動画特有のメリットやマーケティング効果、集客力向上のためのポイントなども問われます。
動画コンテンツ制作における法的リスクやモラル面でのリテラシーを高め、より適切で有益な動画マーケティングを実践できるようになります。また、視聴者にとって価値あるコンテンツを提供し、集客力の向上やブランド構築にもつなげられます。

対象職種
全職種
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
30分

テスト問題プレビュー

1. YouTubeの利用規約でアップロードすることが禁止されているコンテンツに該当するものをすべて選んでください。

2. 次の状況で、YouTubeに動画をアップロードする際に著作権の問題が発生する可能性があるのはどれですか?

3. YouTubeで収益化するための条件の1つに、「コミュニティガイドラインを順守していること」が求められます。
コミュニティガイドラインで禁止されている行為は次のうちどれですか?

4. YouTubeでは動画への意図的な視聴回数の水増しを禁止しています。次のうち、視聴回数の不正な水増しにあたるのはどれですか?

5. YouTubeでは、プライバシーや肖像権を侵害するコンテンツを投稿することが禁止されています。次のような場合にプライバシー侵害にあたる可能性があるものはどれですか?

6. YouTubeのコンテンツ規約で、アップロードすることが許可されていないものは次のうちどれですか?

7. YouTube動画に他人の著作物を無断で使用した場合、どのようなリスクがあるでしょうか?

8. YouTubeにアップロードするために著作権者の許可が必要なものは次のうちどれでしょうか?

9. InstagramのリールスやTikTokの動画投稿で、他人の音楽や映像を無断で使用することは推奨されていません。その理由として適切なものはどれですか?

10. TikTokで人気の動画に特定のハッシュタグを付けると、ブロックされる可能性があります。その理由として最も適切なものはどれですか?

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top