リモートワークのルール確認テスト

このテストは、リモートワークを導入している、または導入を検討中の企業の経営者、従業員、IT担当者などを対象とした基礎的な知識を確認するためのテストです。

このリモートワークのルール確認テストは、リモートワークに関する基本的な知識を確認するために作成されています。

ターゲット:
リモートワークを導入している、または導入を検討中の企業の経営者、従業員、IT担当者を主な対象としています。特に新入社員やリモートワークの経験が浅い社員に適しています。

出題内容:
問題は選択式(複数選択、単一選択)で構成されており、リモートワークの基本的なルール、マナー、法律に関する問題が出題されます。例えば、「リモートワークの3つの形態は何か」「リモートワーク時の労働関係法令の適用について」といった具体的な問題が含まれます。

理解できる特徴:
このテストを通じて、受験者がリモートワークのルールやマナーをどれだけ理解しているか、法律に対する認識は十分か、リモートワーク環境での労働時間や人事評価の理解度はどうか、といった特徴を把握することができます。

活用シーン:
このテストは、以下のようなシーンでの活用が期待されます:

新入社員研修: リモートワークの基本知識を確認し、新入社員がスムーズに業務を開始できるよう支援します。
制度導入前のトレーニング: 新たにリモートワーク制度を導入する企業が、全社員に基礎知識を共有するために活用します。
定期的な知識確認: 既存社員の知識確認や再教育のために定期的に実施します。
人事評価の一環: リモートワークに関する知識を人事評価基準に組み込みます。
問題点の洗い出し: 社員の理解度を把握し、ガイドラインやマニュアルの改善に役立てます。
このように、リモートワークのルール確認テストは、企業のリモートワーク運用を円滑に進めるための重要なツールとなります。

対象職種
リモートワークを導入している、または導入を検討している企業の経営者、管理職、従業員、IT担当者など
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問

テスト問題プレビュー

リモートワークの基本的なルールに関する問題 5問

1. 厚生労働省の「テレワークガイドライン」では、リモートワークを3つの形態に分類しています。その3つに該当するものをすべて選びなさい。

2. リモートワークを導入するにあたって、企業でルールをあらかじめ決めておいた方がよいことは何ですか?該当するものをすべて選びなさい。

3. リモートワーク時の労働時間や就業場所について、正しいものを1つ選びなさい。

4. リモートワークの対象となり得るのは、どのような雇用形態の人ですか。当てはまるものをすべて選びなさい。

5. リモートワークの導入にあたって、企業がリモートワーク用の就業規則を作成する場合、どのような項目を設ける必要がありますか。正しいものをすべて答えなさい。

リモートワークの勤怠管理のルールに関する問題 4問

6. リモートワークでの労働時間のルールについて、正しいものをすべて選びなさい。

7. リモートワークでの休憩時間や残業時間の扱いについて、正しいものをすべて選びなさい。

8. リモートワークの場所に関するルールについて、間違っているものをすべて選びなさい。

9. リモートワークでの労働時間の管理について、勤怠管理ツールを使うとどのようなメリットがありますか。

リモートワークの会議やコミュニケーションのルールに関する問題 4問

10. オンライン会議のマナーとして、適切なものをすべて選びなさい。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top