電話・FAXのマナーテスト

このテストは、電話やFAXのビジネスマナーに関する基礎的な知識を持っているかどうかをチェックするためのテストで、主に新入社員や社内研修を受ける社員をターゲットとしています。

このテストは、電話やFAXのビジネスマナーに関する基礎的な知識をチェックするためのもので、主に新入社員や社内研修を受ける社員をターゲットとしています。企業が新入社員の研修や既存社員のスキル向上を目的として活用することができます。

問題は、電話応対やFAX送信に関する具体的なシチュエーションを想定しており、例えば、「電話を受けた際の適切な応答方法」や「FAX送信時に必要な情報」などについて問われます。選択式の問題形式で、正しいマナーや手順について理解しているかどうかを評価します。

これらの問題を通じて、受験者が基本的なビジネスマナーを理解しているか、適切な対応ができるか、注意深く情報を扱えるかどうかを理解することが期待されます。特に、細かい情報の確認や正確な伝達が求められる場面での適切な対応能力を測ることができます。

このテストは、新入社員研修、定期的な社員教育・トレーニング、昇進・昇格試験、トラブル防止、自己評価とスキルアップ、業務標準化、リモートワークの準備といったシーンで活用されることが期待されます。これにより、企業は社員のビジネスマナーを向上させ、顧客対応の品質を高めることができます。

対象職種
新入社員
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問

テスト問題プレビュー

1. ビジネスシーンの電話では、「もしもし。」は使わない方がよい。〇か×か。

2. 電話に出たりかけたりする時には、いつでもメモを取れるようにメモ用紙と筆記用具を準備しておく。〇か×か。

3. 電話がかかってきた時にも自分の仕事を優先していたが、誰も電話に出ないので、仕方なく5コール目で電話に出た。〇か×か。

4. 先に電話を切る時には、なるべく静かに切るようにする。できればフックスイッチを指で押すようにするとよい。〇か×か。

5. 社内で電話を取り次ぐ場合、すぐ近くの人の時には面倒なので保留にしないでそのまま取り次いでよい。〇か×か。

6. 社内の担当者が不在で、自分が代わりに要件を伺う時、自分の記憶を頼りにしてメモをしない。〇か×か。

7. 相手の発言が聞き取れなかった時の対応について、適切なものを一つ選びなさい。

8. 担当者が不在で伝言メモを残す時、記録した方がよいものを全て選びなさい。

9. 商品の数や日にち、電話番号、金額といった数字関係は、間違えると相手に迷惑をかけることになるので、必ず復唱して確認する。〇か×か。

10. 電話で自分の会社を「当社」というのに対し、相手方の会社のことを何といいますか。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top