コンプライアンスのテスト問題 採用試験や研修後の理解度チェックに

キャリアコンサルタント作成のテストです。企業のコンプライアンスについての基礎知識をチェックします。新入社員や若手社員の受験を想定しています。

コンプライアンスに対して厳しい目が向けられるようになった昨今、企業は社員一人ひとりの法令遵守意識を高めていく必要があります。
この「コンプライアンスの基本知識」テストでは、職場で取りがちな誤った行動について、どのような罪にあたるかということを選択式で解答します。近年話題になっている「あおり運転(妨害運転罪)」や、副業所得の取り扱いなどについても出題されます。
このテスト問題は、キャリアコンサルタントの国家資格を持つ山本弘和氏が作成したものです。テスト終了後には解答・解説をフィードバックできますので、新入社員、若手社員への研修にぜひお役立てください。

対象職種
全ての職種
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
30分

テスト問題プレビュー

1. 「コンプライアンス(compliance)」を日本語で訳した言葉として正しいものを一つ選択してください。

2. 領収書に記載された金額の数字を「3」から「8」に書き換えた場合、どのような罪になりますか。適用される罪名をすべて選択してください。

3. SNSにライバル会社の悪口を書いた際には、どのような罪になりますか。適用される罪名をすべて選択してください。

4. 会社の売り上げの一部を懐に入れた際には、どのような罪になりますか。適用される罪名を一つ選択してください。

5. 会社の倉庫にある自社商品をネットオークションで売買すると、どのような罪になりますか。適用される罪名を一つ選択してください。

6. 会社の備品を家に持ち帰り私物化した際には、どのような罪になりますか。適用される罪名を一つ選択してください。

7. 「懲戒処分」になる可能性があるものは次のうちのどれですか。すべて選択してください。

8. 会社の飲み会の後に帰宅する方法として間違っているものはどれですか。一つ選択してください。

9. 就業規則に必ず記載されている項目をすべて選択してください。

10. 先輩が職場で不正をしていることに気が付いた際に、あなたが取るべき行動として正しいものはどれですか。すべて選択してください。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

サイトエンジン株式会社

サイトエンジン株式会社は2008年に設立されたデジタルマーケティング支援会社です。「自己表現にテクノロジーとアイデアを」を企業理念に、さまざまな企業とユーザーの橋渡しをしています。
創業から一貫してデジタルに特化してコンテンツの企画や制作を行っています。データに基づいた科学的アプローチで集客や売上アップにつながるデジタルマーケティング戦略を立案し、Webサイト修正からコンテンツの制作まで実行します。作って終わりではなく、アクセス解析や売上データなどを活用した改善施策の提案まで行い、PDCAサイクルを回すのをお手伝いいたします。

page top