インフラエンジニアとしての知識チェックテスト

本テストは、インフラエンジニアに必要とされる知識を備えているかをチェックするためのテストです。転職希望者に対し実施することで、「実際に採用しても問題ないか」「ミスマッチの恐れはないか」「研修が必要となるか」などを判断しやすくなります。問題数は全部で20問です。

本テストは、インフラエンジニアに必要とされる知識を備えているかをチェックするためのテストです。インフラエンジニアは、特定の分野(例えばサーバーなど)に特化した職種というよりは、オールラウンダー的な役割を求められる職種で、それだけ幅広い知識を求められます。本テストを実施することで、簡易的にその部分をチェックすることができます。
### 1. ターゲット向けのテスト説明(150文字以内)

このテストは、インフラエンジニアとしての基礎的な知識を確認するためのもので、主にインフラエンジニア志望者や現職者が対象です。問題数は19問で、テストの目安時間は設定されていませんが、各問題には得点と解説が含まれています。

### 2. テストの詳細解説(500文字以下)

このテストは、インフラエンジニアとしての基礎的な知識をチェックすることを目的としたもので、主にインフラエンジニア志望者や現職のインフラエンジニアを対象としています。問題数は19問で、各問題には得点と解説が記載されており、自己学習を促す構成になっています。

出題される問題は、インフラエンジニアの業務範囲、サーバー・ネットワーク、データベース、クラウド、セキュリティ、インフラ構築、インフラ運用に関するものです。例えば、インフラエンジニアの業務に関する知識、サーバーやネットワークの管理方法、クラウドサービスの特徴、セキュリティ対策、インフラ構築の基本、運用管理の方法などが含まれています。

これらの問題を通じて、受験者のインフラエンジニアリングに関する基本的な理解度、技術的知識、問題解決能力を評価できます。具体的には、ネットワーク構成の理解、データベース管理の知識、クラウドサービスの利用方法、セキュリティ対策の知識、インフラの設計・構築の基本的な理解などが問われます。

このテストは、採用選考の一環として、または現職のインフラエンジニアのスキルチェックや研修後の評価に活用されることが期待されます。企業のIT部門や技術者の育成プログラムの一部として利用することで、従業員の技術レベルの底上げや適切なポジションへの配置に役立てることができます。

対象職種
インフラエンジニア
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
45分

テスト問題プレビュー

インフラエンジニアの業務範囲

1. 一般的な観点から、インフラエンジニアの業務でないものはどれか。

2. 一般的な観点から、インフラエンジニアに関係のある資格はどれか。

サーバー・ネットワーク

3. クライアントサーバーシステムの応答時間を短くする方法として適切なものを全てあげよ。

4. ルータの説明として適切なものはどれか。

5. VPNの特徴として適切なものはどれか。

6. 企業のネットワークにおいて、DMZではなく、社内ネットワークに設置すべきサーバーはどれか。

データベース

7. データベース言語はどれか。

8. データクレンジングの目的として適切なものはどれか。

クラウド

9. クラウドサービスの特徴として不適切なものはどれか。

10. クラウドサービスのSaaSの説明として適切なものはどれか。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top