住宅業界基礎知識テスト

問題数:20問
制限時間:未設定
住宅構造、不動産売買契約、建築基準、都市計画など、住宅業界に関する幅広い知識をチェックするテストです。

このテストは、建築と不動産に関する専門知識を評価するためのものです。内容は、住宅構造の種類、契約法、建築基準法、都市計画法といった幅広いテーマをカバーしており、住宅メーカーの営業社員や事務社員の新卒・中途採用試験として利用できます。また、既存社員の研修後チェックテストとしても役立ちます。このテストを通じて、住宅業界での実務に必要な基礎知識が身についているかどうかを確かめることができます。

対象職種
営業、設計、事務
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問

テスト問題プレビュー

1. 一般的な住宅構造は主に3種類に分類される。木造、鉄骨造、そしてもう1つは何か。

2. 注文住宅を購入する主なメリットとして、デザインの自由度が挙げられる。それに対して、どのようなデメリットが存在するか述べなさい。

3. 近年増加している木造高層建築物のメリットと課題を説明しなさい。また、木造高層建築によく使用される材料とその特徴にも触れなさい。

4. 顧客との契約時には、契約書の他にも必要な文書がある。その文書の名称は何か。

5. 宅地建物取引士しか行えない業務(独占業務)をすべて選択しなさい。

6. 建ぺい率を求める式として正しいものはどれか。

7. 都市計画法に基づく第一種低層住居専用地域に建てられる建物はどれか。

8. 自由設計住宅の特徴を正しく示しているものをすべて選択しなさい。

9. 2×4(ツーバイフォー)工法の特徴に関する次の記述のうち、正しいものを選択しなさい。

10. 木造軸組工法のメリットについて正しく示しているものをすべて選択しなさい。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top