社内SE(社内情報システム)向け基礎知識チェックテスト

本テストは、社内SEとして働く上で必要となる基本的な知識を備えているかをチェックするためのテストです。転職希望者に対し実施することで、「社内SEの業務内容を理解しているか」「実際に配属しても問題なく仕事をこなしていけるか」などを判断しやすくなります。問題数は全部で20問です。

このテストは、社内SEとしての基礎知識を持っているかを確認するためのものです。具体的には、以下のターゲットを対象としています。

1.社内SEとして働くことを希望する求職者の採用試験
- 採用プロセスの一環として、応募者の基礎知識を評価し、即戦力となる人材を選抜します。

2. 現役社内SEのスキルチェック
- 現在働いている社内SEの知識レベルを定期的に評価し、必要なトレーニングやスキルアップの方向性を明確にします。

3. 社内SE業務に関する研修後のテスト
- 研修プログラム終了後に実施し、受講者が研修内容を正しく理解しているかどうかを確認します。

出題される問題は、ITおよびプログラミングに関連する基礎知識を問う選択式問題です。具体的な例としては、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の説明、「RFP(Request for Proposal)」の説明、「ウォータフォールモデル」の説明などが含まれます。これらの問題は、受験者がITに関する基本的な概念や用語、システム開発や運用のプロセスについて理解しているかを評価するものです。

このテストを通じて、受験者のIT基礎知識の理解度、概念の正確な把握、実務に必要な知識の有無を評価することが期待されます。特にシステム企画・導入、システム運用・管理など、社内SEとしての基本的な役割を果たすために必要な知識をチェックします。

このテストは、採用試験やスキルチェック、研修後の理解度確認など、さまざまなシーンで活用されることが期待されます。テストを通じて、受験者の基礎知識を確認し、適切なフィードバックを提供することで、組織全体のITリテラシーを向上させることが目的です。

対象職種
SE,社内SE
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
40分

テスト問題プレビュー

システム企画・導入

1. 「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の説明として適切なものはどれか。

2. 企業が新システムの導入を検討をする際に作成する文書「RFP」の説明として適切なものはどれか。

3. システム開発モデルのひとつである「ウォータフォールモデル」の説明として適切なものはどれか。

4. 「統合開発環境」はどれか。

5. システム開発のテストは、一般的に単体テスト、結合テスト、システムテスト、運用テストの順に行われる。システムテストの説明として適切なものはどれか。

システム運用・管理

6. 「統合運用管理ツール」でないものはどれか。

7. システムの信頼性を高めるために採用される冗長構成のうち、通常使用される主系と、故障した場合に備えて待機している従系から構成されるものはどれか。

8. システムの「バッチ処理」の説明として適切なものはどれか。

9. システムの「スケールアウト」の説明として適切なものはどれか。

10. 大災害などによって重要なシステムに障害が発生した場合でも、主要業務を継続させるため、事前に策定する計画はどれか。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top