インボイス制度基礎知識テスト

問題数:20問
制限時間:40分
このテストは、税務に関する基礎知識を持つ必要があるビジネスプロフェッショナルを対象としています。

このテストは、インボイス制度に関する基礎知識を持つかどうかを確認するためのものです。

・ターゲット:
このテストは、企業の経理・財務部門の社員、税務に関する業務を担当するビジネスプロフェッショナルを対象としています。

・出題内容:
問題は主に選択式(単一選択および複数選択)で構成されており、インボイス制度の基本的な概念や規則に関する問いが含まれます。具体的には、インボイス発行者の要件、制度の開始日、インボイスの様式、簡易インボイスの要件などが問われます。

・理解できる特徴:
これらの問題を通じて、受験者がインボイス制度に関する基礎知識を正確に理解しているかどうかを評価できます。また、特定の状況下で適用される規則や手続きを理解しているかを確認することができます。これにより、受験者の実務能力や業務における即戦力としての適性を判断できます。

・活用シーン:
企業内研修で社員の税務知識を向上させるため、または業務委託先の候補者の評価に使用できます。資格試験の模擬テストとして、継続教育の一環としても利用可能です。また、会計ソフトウェアや税務サービスを提供する企業が、自社の顧客に対してインボイス制度に関する基礎知識を提供する際のツールとして使用できます。顧客が制度を正しく理解することで、サービスの利用がスムーズに進むことが期待されます。

このテストを活用することで、インボイス制度に関する基礎知識を確実に身につけた人材の育成や評価が可能となり、業務効率の向上や適切な税務対応が期待されます。

対象職種
企業の経理・財務部門の担当者
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
40分

テスト問題プレビュー

「適格請求書保存方式(インボイス制度)」についてお伺いします。

1. インボイス制度についての説明で間違っているもの選んでください。

2. インボイス制度が開始されたのはいつからでしょうか。

3. 「適格請求書(インボイス)」として認められるための要件として間違っているものを選んでください。

4. 不特定多数と取引を行う事業者は、一部の項目を省略した「適格簡易請求書(簡易インボイス)」を交付することができます。次のうち、簡易インボイス事業者に「該当しない」業種を選んでください。

5. 次のうち、簡易インボイスを交付する際に省略可能な項目をいくつでも選んでください。

以下は、インボイス制度の運用についての説明が書かれています。それぞれの記述内容について、「正しい」か「正しくない」かをお選びください。

6. 取引先から、屋号の記載のあるレシートの交付を受けた。登録番号から「国税庁適格請求書発行事業者公表サイト」で検索してみたところ、登録番号と紐づけられた売手事業者の正式名称と一致しない。この場合は、仕入税額控除の適用は受けられない。

7. 旅館からもらった領収書の宛名が「上様」となっていた。これは簡易インボイスとしては使用できない。

8. 取引先から受領したインボイスに誤りがあったので、取引先に電話をして修正事項を伝え、自分が保存しているインボイスを手書き修正するとともに、先方が保存しているインボイスの写しにも同様の修正を施してもらった。このインボイスは有効である。

9. 複数の事業所のある顧客との間で、事業所ごとに1か月分の代金をまとめて請求する契約を締結しているので、発行するインボイスも月1回でよい。

10. 従業員が立て替え払いをした際に受領した簡易インボイスの宛名が従業員名になっていた。これをもとに仕入額控除を行ってはならない。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top