広報担当者の基礎知識チェックテスト

このテストは、広報担当者としての基礎的な知識を持っているかを確認するためのテストです。新規採用や社内研修、既存社員のスキル評価、業務委託先の評価など、広報業務に携わる全ての人が対象です。

このテストは、広報担当者としての基礎的な知識を評価するためのものです。対象者は、新規採用候補者、既存の広報担当者、他部門からの異動者、外部の業務委託先の担当者など、広報業務に関わる全ての人です。

出題される問題は、メディアリレーションズ、危機管理広報、プレスリリースの作成、デジタル広報など、広報活動の基本的なテーマに関する選択式問題です。各問題は、広報担当者としての実務能力や倫理的判断、コミュニケーションスキルなどを評価することを目的としています。

これらの問題を通じて、受験者が広報活動に必要な基礎知識を持っているか、適切な判断ができるか、情報の正確性を重視しているかなどの特徴を理解できます。また、危機管理能力やメディア対応のスキルも評価対象となります。

このテストは、新規採用プロセスの一環として、社内研修やスキル評価、外部業務委託先の評価など、さまざまなシーンで活用が期待されます。採用時には候補者の基礎知識を確認し、研修では新任者の理解度を把握するために利用できます。また、既存社員のスキルアップや業務委託先の選定にも役立ちます。

対象職種
広報
問題形式
選択式
問題数
全19問
制限時間
1時間

テスト問題プレビュー

1. プレスリリースを書く際の重要な要素はどれですか。

2. メディアリレーションズの主な目的はどれですか。

3. 広報活動において最も重要な倫理的原則はどれですか。

4. ステークホルダーとは何を指しますか。

メディア対応に関する問題です。問題を読み、最も適切な選択肢を1つ選んでください。

5. メディアインタビューを受ける際に重要な準備はどれですか。

6. 危機管理広報の際に最初に行うべき行動はどれですか。

7. 記者会見で避けるべき行動はどれですか。

8. ソーシャルメディアでのクライシスコミュニケーションの際に重要な要素はどれですか。

9. メディアリストを管理する際の最良の方法はどれですか。

デジタル広報に関する問題です。問題を読み、最も適切な選択肢を1つ選んでください。

10. SEOの目的として適切なものを選んでください。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top