衛生管理者スキルチェックテスト

このテストは、企業の衛生管理者として必要な基礎知識を確認するためのテストです。新入社員、現職の衛生管理者、昇進候補者、及び衛生管理に関連する全従業員をターゲットにしています。

このテストは、企業の衛生管理者として必要な基礎知識を確認するためのテストです。主に、新入社員、現職の衛生管理者、昇進候補者、及び衛生管理に関連する全従業員をターゲットにしています。

出題される問題は、衛生管理の基本5項目、労働安全衛生規則、事務所衛生基準規則、救急用具の取り扱い、便所設備の規定など、多岐にわたる衛生管理に関する知識を問います。これにより、受験者の基礎的な知識の有無、最新の法改正への対応力、実務での適応力などを理解できます。

このテストを通じて、受験者の以下の特徴を理解できます:

衛生管理に関する基礎知識の理解度
最新の法規や規則の理解度
実務での衛生管理に対する適応力
活用が期待されるシーンとしては、新入社員研修、定期的な知識確認、昇進や評価の一環、社内教育プログラム、コンプライアンス遵守の確認、リスク管理、外部認証取得の準備などがあります。これにより、企業全体の衛生管理のレベルを向上させ、法令遵守やリスク管理の強化につながることが期待されます。

対象職種
衛生管理者
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問

テスト問題プレビュー

衛生管理の基礎知識に関する問題です。指示に従って回答してください。(6問)

1. 「5S」とも呼ばれる、衛生管理の基本項目に含まれるものをすべて答えなさい。

2. 労働安全衛生規則で衛生管理者の選任が義務付けられているのは、労働者数何人以上の事業場ですか?正しいものを選びなさい。

3. 第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の違いを簡潔に説明しなさい。

4. 衛生管理者が把握すべき安全衛生関連の法律はどれですか。次のうち当てはまるものをすべて選びなさい。

5. 法律で明示されている、衛生管理者の職務に該当するものをすべて選びなさい。

6. 労働衛生の3管理とは何ですか。該当するものをすべて答えなさい。

職場の環境管理に関する問題です。指示に従って回答してください。

7. 事務所衛生基準規則では、労働者が常時就業する室における作業面の照度基準について、以下のように定められています。(1)(2)に入る組み合わせとして正しいものを選びなさい。

一般的な事務作は( 1 )ルクス以上
付随的な事務作業( 2 )ルクス以上

8. 事務所衛生基準規則では、労働者が常時就業する室の気温の努力目標値は何度に定められていますか。正しいものを選びなさい。

9. 空気調和設備や機械換気設備のある事業者が、調整しなければならない作業環境の項目として正しいものをすべて選びなさい。

10. オフィスの空気の質をよくするために有効な対策として、適切なものをすべて選びなさい。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top