宅地建物取引士の基礎知識をチェックするテスト

宅地建物取引士(宅建士)の基礎知識をチェックするテスト問題です。不動産に関する問題に対し、4つの選択肢の中から正しいものを選んで回答します。

この「宅地建物取引士テスト」では、不動産に関する基礎知識の有無をチェックできます。宅地建物取引士(通称:宅建士)資格試験と同様に、不動産に関する問題に対する4つの記述の中から、最も正しいと思われるものを1つ選択して回答します。問題は全部で20問です。このテストの回答にかかる時間の目安は30分から1時間です。必要に応じて制限時間を増減してください。この「宅地建物取引士テスト」は、不動産業界をはじめ、保険会社や銀行などの金融業界・建築業界など、不動産の知識が必要となる様々な業界での採用テストや、採用後のスキルチェックに使用できます。

対象職種
宅建士など不動産に関する知識が必要な職種
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
30分から1時間

テスト問題プレビュー

1. 都市計画法の用途地域に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

2. 都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

3. 都市計画法に関する次の記述のうち、開発許可が必要なものはどれか。

4. 都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

5. 国土利用計画法に関する次の記述のうち、事後届出が必要なものはどれか。

6. 農地法第3条が適用される権利のうち、誤っているものはどれか。

7. 土地区画整理法に関する記述のうち、誤っているものはどれでか。

8. 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

9. 日本の土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

10. 建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

桑村友之(監修者)

大阪で不動産業界に携わって15年以上。
現在も不動産会社に在職中。宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士等保有。
下記不動産全般について経験有。
・賃貸仲介(某フランチャイズ責任者経験有)
・管理業務(LM、BM、PM業務)
・売買取引(実需:実際に住むための不動産取引)
・投資用マンションの取引(マンション1棟、区分所有、戸建、土地、信託受益権売買など)
・不動産の小規模開発(例:ガレージハウス)

page top