飲食業界向け基礎知識確認テスト

この問題は飲食業界で働くうえで必須の知識やスキルを問うための問題です。採用の際に、飲食業界の知識をどれくらい身に着けているかをチェックする為にご活用いただけます。
問題数:20問
制限時間: 40

対象職種
飲食店のホールスタッフ、調理スタッフ、マネージャーなど
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問
制限時間
40

テスト問題プレビュー

飲食店の用語についての問題 4問

1. 飲食店で使う「ヤマ」という言葉はどういう意味ですか。正しいものを選びなさい。

2. 飲食店でスタッフが「三番に行ってきます」と言いました。スタッフはどこに行きましたか?

3. 「デシャップ業務」に該当するものをすべて選びなさい。

4. 飲食店における「バッシング」とは何ですか?簡潔に説明しなさい。

衛生管理と安全に関する問題 4問

5. 現在、飲食業界では食品衛生管理の方法として多くの企業が「HACCP」を導入していますが、これは何の頭文字を取ったものですか。当てはまるものをすべて答えなさい。

6. 食品を加熱する際、中心温度は○度で1分間以上加熱することが推奨されています。○に当てはまる数字を選びなさい。

7. 交差汚染を防ぐために、調理器具の扱いで最も重要なポイントはどれですか?

8. 食中毒予防の3原則とは何ですか?

調理に関する問題 4問

9. 乱切りの説明として正しい物を選びなさい。

10. 「茹でる」と「煮る」の違いを説明しなさい。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top