翻訳業界基礎知識テスト

このテストは、翻訳業界で働く上で必要な基礎的な知識を持っているかどうかを確認するために設計されたテストで、翻訳業界に新たに入る人材や現職のスキル評価を行う企業向けです。

このテストは、翻訳業界で働く上で必要な基礎的な知識を持っているかどうかを確認するために設計されたものです。主なターゲットは、翻訳業界に新たに入る人材や、現職の社員のスキル評価を行う企業です。

テスト内容は、翻訳の基本概念、業界の標準的な手法、用語の理解、および翻訳業務の実務に関する知識など、多岐にわたります。具体的には、用語の定義、翻訳プロセスの各段階に関する質問、業界でよく使われるツールやソフトウェアの理解度を問う問題が含まれます。

これらの問題を通じて、受験者の次のような特徴を理解できます:

翻訳業界に関する基礎知識の有無
専門用語や翻訳手法に対する理解度
実務経験や業務に必要なスキルの習熟度
企業がこのテストを活用するシーンとしては、以下のような場面が考えられます:

採用プロセス:

応募者のスクリーニングにより、基礎知識を持つ候補者を選定し、面接の効率を高める。
社内研修と評価:

新入社員研修で基礎知識の確認と不足部分の補強を行い、社員の早期適応を促進する。
定期的なスキル評価を通じて、社員の知識維持と研修計画の策定に役立てる。
フリーランサーや契約社員の評価:

外部パートナーの選定時に、基礎知識の確認を行い、プロジェクトの品質を確保する。
スキルアッププログラム:

社員の自己学習の指標として活用し、知識レベルの向上を図る。
顧客への信頼性向上:

翻訳者の基礎知識を証明する手段としてテスト結果を活用し、顧客の信頼を得る。
このように、多様なシーンでの活用が期待され、企業は翻訳業界における人材の質を高めることができます。

対象職種
翻訳者
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問

テスト問題プレビュー

翻訳業界の仕組みやトレンドについての問題です。各設問にお答えください。

1. 日本の商業翻訳の市場規模は、2023年時点でおおむねどのくらいでしょうか。

2. 商業翻訳には大きく分けて「出版翻訳」「映像翻訳」「産業翻訳」の3つの分野がありますが、市場規模が最も大きいのは「産業翻訳」です。それでは、翻訳市場全体に占める「産業翻訳」の割合はおおむねどのくらいでしょうか。

3. 「産業翻訳」は専門分野ごとに細分化されますが、次の項目の中で「産業翻訳」には分類されないものを1つ選んでください。

4. 「機械翻訳」と「コンピューター支援翻訳」の違いについて、正しいと思われるものをいくつでも選んでください。

5. 翻訳業を顕彰する記念日として、国連が「国際翻訳デー」と定めている日はいつですか。正しいものを1つ選んでください。

6. 日本には翻訳者向けの主な業界団体が4つありますが、それらのうち翻訳会社(法人会員)が所属している団体をいくつでも選んでください。

7. 実践的な実務翻訳技能を測る「ほんやく検定」を実施している業界団体はどこでしょうか。

8. 「ビジネス翻訳能力検定試験」「出版翻訳能力検定試験」を実施している業界団体はどこでしょうか。

翻訳の品質管理についての問題がいくつか続きます。各設問にお答えください。

9. 日本翻訳連盟(JTF)では、「JTF日本語標準スタイルガイド(翻訳用)」を定め、日本語訳の際の基本ルールとしています。以下の項目の中で、ガイドの規定と違っているものを1つ選んでください。

10. 「JTF日本語標準スタイルガイド」において推奨されていない表記を1つ選んでください。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top