小売業のための景品表示法の理解度チェックテスト

景品表示法に関する基礎知識をチェックするテスト問題です。

問題数:20問
制限時間:30~60分

この問題は景品および表示に関わる業務を担当する方にとって必要な知識を問うための問題です。
景品表示法をどれくらい理解しているかをチェックする為にご活用いただけます。

対象職種
企業の企画・広報・マーケティング、カタログなどの制作担当、表示に関わる決定権をもつ管理職・部門長、店舗の責任者などを対象としています。
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
30~1時間

テスト問題プレビュー

景品表示法全般に関する問題です。設問に答えてください。

1. 景品表示法の正式名称として正しいものを選んでください。

2. 景品表示法が定める「表示」に該当するものをすべて選んでください。

3. 景品表示法の監督官庁として正しいものを選んでください。

4. 景品表示法違反の疑いがある事案の情報提供先として正しいものをすべて選んでください。

不当表示についての問題です。設問に答えてください。

5. 不当表示を大別したときに挙げられる3つの名称として正しいものをすべて選んでください。

6. 景品表示法の「優良誤認表示」に該当するものをすべて選んでください。

7. ダイエット食品に「食事制限なし!飲むだけで痩せる」と記載があり、有料誤認表示の疑いがある場合に「著しく優良」であることの合理的な根拠の提出を消費者庁が事業者に求めることができる制度の名称として正しいものを選んでください。

8. 景品表示法の「有利誤認表示」に該当するものをすべて選んでください。

9. 景品表示法における「二重価格表示」にあたるものを選んでください。

「過大な景品類の提供の禁止」に関する問題です。設問に答えてください

10. 景品類の提供方法と内容の組み合わせで正しいものを選んでください

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top