通信業界向け基礎知識確認テスト

このテストは、新入社員、技術担当者、営業チーム、マーケティング担当者、管理職候補者など、通信業界で働くすべての社員を対象としています。

この通信業界の基礎知識テストは、通信業界に関する基本的な知識を持っているかを確認するために作成されています。

ターゲット:
新入社員、技術担当者、営業チーム、マーケティング担当者、管理職候補者など、通信業界で働くすべての社員を対象としています。特に、業界に関する基礎知識を持つことが求められる職種に適しています。

出題内容:
問題は選択式(単一選択、複数選択)や記述式で構成されており、通信業界の基本概念、技術的な用語、最新の業界動向、規制に関する知識などが含まれます。例えば、「通信プロトコルの種類」「ネットワークインフラの基本構造」「最新の通信技術トレンド」などが出題されます。

理解できる特徴:
このテストを通じて、受験者が通信業界の基本的な知識をどれだけ理解しているか、技術や業界動向に対する知識レベルがどの程度か、規制に関する理解が十分かどうかといった特徴を把握することができます。

活用シーン:
このテストは以下のシーンでの活用が期待されます:

新入社員研修: 新入社員が業界の基礎知識を習得していることを確認するための研修の一環。
技術担当者のスキル確認: 技術担当者のスキルレベルを定期的に評価。
キャリア開発と昇進評価: キャリアアップを目指す社員の知識確認や昇進評価。
マーケティングチームの知識強化: マーケティング担当者の業界知識を強化。
営業チームの教育: 営業チームのメンバーが正確な情報を提供できるようにするための教育。
社内トレーニングプログラム: 新しい技術や規制の変更に対応するための基礎知識共有。
外部パートナーやサプライヤーの評価: 外部パートナーやサプライヤーの知識レベルを評価。
このように、このテストは通信業界での知識を高め、企業全体の競争力を強化するための重要なツールとして活用できます。

対象職種
新入社員、技術担当者、営業チーム、マーケティング担当者、管理職候補者など、通信業界で働くすべての社員
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
40分

テスト問題プレビュー

通信業界の歴史と現状に関しての問題です。 正しいものを選んでください。

1. 通信の自由化を背景に、日本電信電話公社が民営化したのはどの年でしょうか。正しいものを1つ選んでください。

2. 日本で初めて海底ケーブルが敷設されたのはどこでしょうか。正しいものを1つ選んでください。

3. 1979年に、世界で初めてセルラー方式を用いた第一世代アナログ自動車電話のサービスが始まりました。1985年には、自動車の外でも通話が可能な端末が登場しましたが、その名称として正しいものを1つ選んでください。

4. 自社でネットワーク整備をしてサービスを提供している国内の携帯電話事業者の組み合わせとして、正しいものを1つ選んでください。

5. 新型コロナウイルス感染症が通信インフラへ与えた影響として、正しいものを1つ選んでください。

通信技術に関しての問題です。問題文に従って当てはまるものを選んでください。

6. 5Gの特徴として、誤っているものを1つ選んでください。

7. 無線通信の基本的な原理として、正しいものを1つ選んでください。

8. Beyond 5G(6G)に関する記述として、誤っているものを1つ選んでください。

9. 光回線および光ファイバーに関する記述として、誤っているものを1つ選んでください。

10. MIMOに関する記述として、正しいものを1つ選んでください。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top