アパレル業界 基礎知識確認テスト

このテストは、アパレル業界で働くために必要な基礎知識を評価するために設計されています。

・ターゲット
アパレル業界に新たに参入しようとする新人
アパレル業界での中途採用の候補者
業務スキルの向上を目指す現役のアパレル業界プロフェッショナル

・出題される問題
問題はアパレル業界に関する幅広い基礎知識を問う選択肢形式です。例えば、繊維の種類や特徴、ブランドの知識、業界用語などが含まれます。
各問題には正解の選択肢に加え、解説も記載されており、学習効果を高める構成となっています。

・期待される受験者の特徴
基礎知識の習得度:受験者がアパレル業界で必要とされる基本的な知識をどの程度理解しているかを評価できます。
理解度の確認:解説を通じて、受験者の理解度を深めることができ、知識の定着度を確認することができます。
業務適性の判断:問題を通じて、実際の業務に必要な知識が備わっているかを判断し、即戦力としての適性を評価できます。

・活用シーン
新人研修:アパレル業界に新たに参入する社員が基礎知識を確認するために利用できます。研修の一環として、このテストを活用することで、新人の知識レベルを把握し、必要な教育を提供できます。

中途採用の評価:アパレル業界での中途採用時に、候補者の基礎知識を評価するためのツールとして使用できます。これにより、候補者が持つ知識が現場で即戦力として活かせるかを判断できます。

業務スキルの向上:現役のアパレル業界のプロフェッショナルが自身の知識をアップデートし、スキルを向上させるための勉強会や自己研鑽の一環として利用できます。
このように、幅広いシーンでの活用が期待でき、アパレル業界で働くための基礎知識をしっかりと身につけるためのサポートとなります。

対象職種
アパレル業界を志望する人(営業、企画、バイヤー、販売員など)
問題形式
選択式、記述式
問題数
全20問
制限時間
40

テスト問題プレビュー

1. 1950年代にミニスカートブームを巻き起こした、イギリスのブランドを以下の選択肢から答えなさい。

2. 1970年代よりパリを拠点に活躍した国際的なデザイナーで、民族衣装に着想を得たカラフルな服や、2004年のアテネオリンピックのユニホームでも知られる日本人は誰ですか?

3. チェコスロバキアの民族衣装が由来で、ヒッピー文化の影響を受けて60~70年代に流行した、エキゾチックなデザインを特長とするファッションを何と言いますか。

4. 1990年代のアメリカのロックミュージシャンのファッションがルーツで、古着のチェックシャツやダメージデニム、Tシャツやスニーカーといったラフなスタイルが特徴のファッションを何と言いますか?

アパレルの用語や基礎知識についての問題です。

5. オーストリッチとは何の革ですか?次の選択肢から答えなさい。

6. 生地にプリントするのではなく、織りや編みで立体的な柄や模様を作った技法のことを何と言いますか。以下の選択肢から答えなさい。

7. 次の中から、天然繊維をすべて選びなさい。

8. 次のうち、日本のブランドはどれですか

9. 次のうち、セカンドラインはどれですか?

10. スキニーとはどのような形状のボトムスですか?

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top