採用にWebテストを導入するメリット 代行以外に問題作成ツール利用の選択肢も

採用にWebテストを導入するメリット 代行以外に問題作成ツール利用の選択肢も

応募者を客観的・定量的に評価するために採用選考の改善をしたいと考えているものの、Webテストを導入すべきかどうか悩んでいる企業の採用担当者も多くいるでしょう。本記事ではそのような方々に向けて、Webテストを導入するメリットや大まかな種類、企業のニーズに合わせて設問を作成できるサービスなどについて紹介します。

Webテストの特徴と企業が導入するメリット

Webテストはオンライン上で受験を行うテストのことで、自宅やテストセンター会場などのパソコンを利用して試験を受けることが可能です。ここからはまず、Webテストの特徴と企業が導入するメリットについて解説します。

結果の管理など採用の作業工程を減らせる

採用を行うためには、応募者の管理をはじめ、筆記試験や面接試験などの選考試験を含む多くの作業工程が発生します。ペーパーテストを実施する場合、企業の担当者が採点や結果の管理を行う必要がありますが、Webテストであれば提供企業がその作業を代行してくれるため、自社社員の作業工数を減らすことにつながるのです。また予期せぬアクシデントで起こりうる、保管していた用紙の破損や紛失といった、管理に対する心配も必要ありません。さらに、Webテストを活用すれば採用の作業過程にかかる時間や手間を減らせることはもちろんですが、それ以外の仕事をする時間を増やせるため、作業効率の向上にもつながるでしょう。

採用期間を短縮できる

また、Webテストであれば、応募者の受験が終わってすぐに結果をダウンロードして閲覧することが可能です。そのため面接を実施するまでの期間を早められ、応募者一人当たりにかかる採用期間の短縮が期待できるでしょう。また、受検と面接を同時に行うことも可能です。さらに、企業側だけでなく応募者が自分の都合の良い日程で受験できる点も効率的といえます。応募から採用までをスムーズに進めたい応募者や企業の双方にとって良い効果を発揮するといえるでしょう。

採用コストの削減

採用活動を行う上では、さまざまなコストがかかってしまいます。適性検査をペーパーテストで行うと、問題用紙の作成にかかる費用はもちろん、運搬が必要な場合はその代金や保管費用、さらには採点が終わった後の処理にもコストがかかるのです。一方、Webテストを導入すれば、上記のような費用が削減できます。また、テストセンターを利用する場合はテスト会場や試験監督を自社で確保する必要がないため、会場費用や人件費も削減することが可能です。

採用選考に使われるWebテストの種類

ここからは採用選考に使われるWebテストの種類について、それぞれの特徴を紹介します。

検査内容を決めてから選ぶ民間Webテスト

民間のWebテストは数多くの民間会社が提供しているもので、このテストを応募者に受けさせることで、採用担当者の主観が入らずに客観的な見分け方が実現できます。また、受験者の人物評価が安定することや、潜在的な性格や仕事に対する姿勢、将来的なポテンシャルなどを把握できます。しかし、このようなメリットがある一方で、Webテストによっては受験前に対策されてしまい、正確な結果を得られないまま選考を通過してしまう可能性や、企業が受験者のテスト結果を重視するあまり、実際の人間性を測り切れない可能性があるなど、デメリットもあります

自社で作成するオリジナルWebテスト

Webテストは民間会社が提供するものだけでなく、自社でオリジナルのものを作成することも可能です。自社で作成することで研修の内容を理解できているか、必要とする専門的な知識があるか、など自社が求めている知識を設問に設定できます。事前の対策をされる心配も少ないため、より正確な評価にもつながるでしょう。

企業の採用ニーズに合わせて設問を作成できる「ラクテス」とは?

ここからは自社でオリジナルのWebテストを作成したいと考える採用担当者の方々に向けて、企業の採用ニーズに合わせて設問を作成できる「ラクテス」というサービスを紹介します。

テンプレートで簡単にWebテストを作成できる

ラクテスを利用すれば、豊富なテンプレート一覧の中から該当する職種やスキルを選ぶだけで簡単にWebテストを作成できるため、今まで自社でWebテストを作ったことがない場合でも安心して活用できます。さまざまなテンプレートが用意されているため、幅広いケースに対応できますが、万が一適したものがなくてもサポート体制が整っているため、テスト製作のサポートを受けることが可能です。

選択式・記述式と出題形式も選べる

ラクテスでは、選択式や記述式など、問題の出題形式を選べるほか、ファイルを添付して画像を使用する問題作成も可能です。このようにさまざまな出題形式の中から好きなものを選べるため、問題に合わせたタイプを選んで自社ならではのテストを作れます。

各設問の点数配分もカスタマイズできる

各設問の点数はカスタマイズして自由に配分できるため、問題の難易度や重要度などに応じて、重要度が高い問題は高めに設定し、その他は低めに設定するなど工夫した点数配分が可能です。

アカウント登録は無料 テスト問題はURL発行するだけで結果確認も簡単

ラクテスを利用するためのアカウント登録は無料でできます。登録可能なテスト数に制限があるものの、簡単な採用試験で利用できる月額0円のプランから、全てのテストが利用可能な月額9800円のPREMIUMプラン、テスト作成のサポートがついている月額29,800円のTEAMプランがあります。また、テスト問題はURLを発行するだけで受験してもらうことが可能で、採点結果や回答の送付もURLの送付のみで良い点も特筆すべきでしょう。

まとめ

ラクテスを利用するためのアカウント登録は無料でできます。登録可能なテスト数に制限があるものの、簡単な採用試験で利用できる月額0円のプランから、全てのテストが利用可能な月額9800円のPREMIUMプラン、テスト作成のサポートがついている月額29,800円のTEAMプランがあります。また、テスト問題はURLを発行するだけで受験してもらうことが可能で、採点結果や回答の送付もURLの送付のみで良い点も特筆すべきでしょう。

page top