食品衛生管理にかかわる理解度チェックテストサンプル

食品衛生管理にかかわる理解度チェックテストサンプル

食品衛生責任者の役割は、施設において食中毒や食品衛生法違反を起こさないように、食品衛生上の管理運営を行うことであり、食品を扱う営業場合、営業許可を受ける施設ごとに1名以上、食品衛生責任者を置かなければなりません。このような責任ある立場となるために、食品衛生にかかわる理解度チェックテストの問題をいくつかご用意しましたので、ぜひ理解できているか、チェックしてみてください。

文章の選択式問題

以下の文章で正しい方はどちらでしょうか。

正しいと思われる方を選択してください。

なお、回答はすべて単一選択です。

例題1

  1. 食品衛生法は食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図ることを目的とする。
  2. 食品衛生法は品の安全性の確保のために安全衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて市民の安全の保護を図ることを目的とする。

例題2

  1. 農林水産大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。
  2. 厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。

答え

例題1.
 1.食品衛生法は食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図ることを目的とする。
これは第3条の説明文です。
食品衛生法は公衆衛生の見地から考えられているものです。
また、一部の市民だけではなく国民の健康の保護を図ることを目的としています。
例題2.
 2.厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。
これは第11条の説明文です。
公衆衛生の見地から考えるとき、所管は厚生労働省となります。よって、決定をする立場となる人は、厚生労働大臣となります。

〇×選択問題

食品衛生法施行条例より抜粋している文章があります。

説明文が正しい場合は〇を、間違っている場合は×を選択してください。

回答はすべて単一選択です。

例題1

食品の安全確保についいぇの国際的合意とは、「健康保護の優先」「科学的根拠の重視」「関係者相互の情報交換と意思疎通」「政策決定過程の透明性確保」のことを言います。

例題2

我が国の食品安全行政の基本として、「食品安全基本法の制定」と「食品安全委員会の新設」があります。

例題3

食育とは、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けられるとともに、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものをいいます。その食育に関する取組みを推進するために制定された法律が食育基本法です。

答え

例題1.
 ×→正解は、『食品の安全確保についての国際的合意とは「国民の健康保護の優先」「科学的根拠の重視」「関係者相互の情報交換と意思疎通」「政策決定過程等の透明性確保」のことを言います。』
例題2.
 ×→正解は、『我が国の食品安全行政の基本として、「食品安全基本法の制定」と「食品安全委員会の設置」があります。
例題3.
 ×→正解は、『食育とは、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置づけられるとともに、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものをいいます。その食育に関する取り組みを推進するために制定された法律が食育基本法です。』
page top