マナーに関する基礎知識チェックテストサンプル

マナーに関する基礎知識チェックテストサンプル

マナーに関する基礎知識をチェックするための問題をいくつか用意してみました。
ぜひ、マナーに関する基礎知識チェックやテストなどにご利用ください。

選択式問題

問にある文章を読んで、正しい内容をひとつ選択してください。
回答はすべて単一選択です。

例題1

社会人としての身だしなみの基本について、適切なものを選択してください

  1. 清潔・控えめ・上品
  2. 清潔・控えめ・独創
  3. 清潔・控えめ・調和

例題2

訪問先で30分早くついてしまった場合の正しい行動はどれでしょう。

  1. 相手に電話を入れて早めに会えるか都合を聞く
  2. どこかで時間を調整して5分前につくようにする
  3. ついてしまったのだから、そのまま訪れる

例題3

お中元を贈ろうとして相手先が、喪中だった場合の対応で適切なものを選択してください。

  1. お中元は贈らずにお歳暮だけ贈る
  2. お中元もお歳暮も贈ってもいい
  3. お中元もお歳暮も贈らない

例題4

名刺交換の際、名刺をうっかり忘れてしまいました。その際の正しい対処方法はどれでそうか。

  1. 名刺を忘れたとハッキリ言う
  2. 何も言わないで相手の名刺を受け取る
  3. 名刺を切らしていることを正直に話す

例題5

上司・あなた・後輩の3人で、お得意先の会社に赴いています。

部屋で待っていると、担当の方がやってきましたが、上司の元ではなくてあなたの元へ一番にやってきました。このとき適切な行動はどれでしょうか。

  1. 立場が下の人から順番に交換する
  2. 上司と入れ替わって自分は一歩下がる
  3. そのまま交換する

例題6

ビジネスマナーを説明する際にふさわしい内容として「マナーは、意識することで人間関係が良好になり、人に好かれることで自分の将来の人間関係に役立つものである。」が正しい。

  1. ×

例題7

電子メールは、電話と違って話の内容を誰にも聞かれる心配がないので、重要な情報も気兼ねなくやりとりできる。

  1. ×

答え:

例題1.
1.清潔・控えめ・上品
 ビジネスパーソンにとっての身だしなみは、もはやビジネススキルです。きちんとした身だしなみは、仕事に取り組む姿勢、清潔さ誠実さ、ひいては品格にもつながります。一緒に仕事をする相手に好印象を与える必須のビジネススキルです。
例題2.
2.どこかで時間を調整して5分前につくようにする
 時間が早すぎるのもルール違反となります。早い訪問は相手に迷惑がかかるので、何事も時間厳守にすることが求められます。到着は5分くらい前がベストです。
例題3.
2.お中元もお歳暮も贈ってもいい
 お中元・お歳暮はどちらも喪中に贈っても失礼とみなされません。ただし、不幸があった直後や四十九日が済んでいないなら時期を少しずらして贈るようにしましょう。
例題4.
3.名刺を切らしていることを正直に話す
 名刺を忘れた場合は「あいにく、名刺をきらしていまして...」と正直に伝えましょう。口頭で「〇〇会社の〇〇です。」という風に自己紹介をすることを忘れずに。
例題5.
2.上司と入れ替わって自分は一歩下がる
 複数で名刺を交換するときは、必ず上位の立場となる人から行います。会社によっては、立場が分かりづらいものがありますが、順番を間違えると誤解されたまま商談が進むので注意しましょう。例えば、こちらが自分と上司、相手が担当者とその上司という組み合わせの場合は、
1)上司と相手の上司 2)自分と相手の担当者
3)上司と相手の担当者 4)自分と相手の上司
1と2,3と4は同時並行して行われることになりますが、空間が狭い場合には、上司の名刺交換が終わるのを待つようにしましょう。
例題6.
2.×
 マナーは自分本位で考え、身に着けるものではありません。マナーを意識して人と接することは、相手を尊重し接し方であり、相手に好感を持たれ良好な関係を保てることになります。
また、ビジネスでは年齢や地位の違う人と接するときでも、マナーがしっかりしていれば、その差を埋めて対等に接することができるのです。
例題7.
2.×
 1回にまとめられる大きなサイズになるものは、小分けにして送るようにしましょう。大きなファイルや複数のファイルを一度に贈ると、受け取る側はそれをダウンロードするまでの他のメールを受け取れないことになりうるからです。常に相手の立場に立って迷惑にならないよう配慮が必要です。

page top