一目で把握できる!スキルマップの作成方法

一目で把握できる!スキルマップの作成方法

人口減少や少子高齢化の影響も相まって、多くの企業が人材不足に悩まされています。そのため、企業にとって優秀な人材の確保は非常に大きな経営課題といえるでしょう。そこで重要となるのが人材の能力を把握するスキルマップの作成です。本記事ではスキルマップの具体的な作成手順やメリットなどについて詳しく解説します。

スキルマップとは?

スキルマップとは、知識や技術、資格や経験など、人材がもつ能力値を定量的に測定するシートです。たとえば、IT企業のエンジニアであれば扱えるプログラミング言語の種類、製造業であれば素材切断やベース加工の熟練度、デザイン関係であればPhotoshopやIllustratorの習熟度などを一覧表にして可視化します。どのような知識や技術を備えているのか、その知見によって企業にどう貢献できるのか、不足している点はどこかなど、従業員がもつ能力を正確に見極め、経営戦略の策定に活用することが目的です。

なぜ必要?スキルマップを作成するメリット

人口減少や少子高齢化、働き方改革の推進といった社会背景も重なり、多くの企業が年功序列や終身雇用といった古い雇用モデルを見直す動きが顕在化しています。2019年にはトヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用は難しい」という旨の発言をされて話題となりました。このような時代において企業が求めるのは優れた経歴をもつ人物ではなく、企業価値の向上に直結する高い技術や深い知識を備えた人材です。そこで従業員の能力値を可視化するスキルマップが必要となります。具体的に得られるメリットは以下の通りです。

スキルの可視化ができる

人材の雇用や育成において最も大切なポイントのひとつは、その人物が企業にどのような貢献をするのかという点です。スキルマップを作成することで人材がもつ資格や技術、それに基づく経験などが可視化されます。そして、得手不得手が明確化され、人的リソースの適切な配分が可能になるでしょう。

公平で正確な評価ができる

従業員やチームの士気を高めるためには適切な人事評価が不可欠です。スキルマップを作成することで能力値を定量的に把握でき、公平な人事評価につながります。公正かつ公平な評価によって従業員の士気が高まれば、結果として組織全体における業務効率の改善と労働生産性の向上に寄与します。

効率的な社員教育ができる

長所と短所は表裏一体であり、従業員一人ひとりに得手不得手があります。スキルマップを作成することで長所だけでなく、同時に短所の可視化も可能です。自分に足りない部分を把握することで、従業員の教育を効率的かつ効果的に進めていけるでしょう。

目標の可視化と業務効率化

能力値が定量的に把握できれば、自分自身のもつスキルを客観的に見つめることができます。伸ばすべき長所と補うべき短所が明確化され、具体的な目標設定に貢献するでしょう。また、従業員の得手不得手が可視化されることで、人材を適材適所に配分できるという点も大きなメリットです。

スキルマップの作成と運用までの手順

ここからはスキルマップの作り方と、実際の運用に至るまでの具体的な手順について解説します。

目的を明確にして必要スキルを洗い出す

スキルマップを作成するうえで最も大切なポイントは目的の明確化です。従業員一人ひとりの個人的な目的はもちろん、部門や部署といったグループ単位における目的を明確にし、それに応じた必要スキルを洗い出す必要があります。企業によって経営理念や目指すビジョンが異なるため、スキルマップの作成に絶対的な正解はありません。厚生労働省の職業能力評価基準(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04653.html)やテンプレートなどを参考に、自社の目的と必要なスキルを明確化しましょう。

評価レベルの設定

従業員のスキルを定量的に把握するためには、具体的な評価レベルを設定せねばなりません。たとえば「業務内容を理解している」「サポートがあればできる」「一人で業務が行える」「指導ができる」など、客観的事実に基づく評価基準を設ける必要があります。誰が見てもわかりやすいよう○×方式にしたり、より具体性を高めるために得点方式にしたりといった方法も有効です。

マップ上にレイアウトする

スキルマップは組織全体で共有してこそ真価を発揮します。そのため、誰が見てもわかりやすいレイアウトで作成せねばなりません。たとえば、Excelで作成するなら行と列にそれぞれ行程や作業内容、従業員名などをレイアウトし、視覚的なわかりやすさを意識して作成しましょう。

評価を受ける側のメンバーとの意見交換

スキルマップは一度作成して終わりではありません。評価項目や基準が適切であるかどうか意見交換し、常に継続的改善に取り組む必要があります。「計画_x0008_(Plan)」→「実行(Do)」→「評価(Check)」→「改善(Action)」のPDCAサイクルを回し続けることで、より精度の高いスキルマップへと進化していくでしょう。

スキルマップ作成時の注意点

スキルマップを作成する際は、評価に対する公平性に気を配らねばなりません。スキルマップは「従業員のスキル」という抽象的な概念を、言語化や数値化することで具体的に落とし込む作業です。そのため、評価基準が曖昧になったり、一貫性がなかったりと、公平性に欠くケースが少なくありません。スキルマップの運用効果を最大化するためには、誰が見ても公正かつ公平な評価基準を設定する必要があります。

達成度を決定するためには社内試験や資格試験も有効

従業員のもつスキルを定量的に把握する方法として、社内試験や資格試験の実施も非常に有効です。社内試験や資格試験といったテストは、従業員の能力値を公平に推し量ることができます。先述したように、スキルマップは抽象的で定性的な概念を、やや強引に具体化するという一面があるため、完全な公平性を担保するのは困難です。テスト形式であれば誰もが同じ条件で臨むため、能力を推し量るうえで公平な判断基準といえるでしょう。

ラクテスで社内試験を簡単に

人材のスキルを定量的に分析するうえで、社内試験の実施は非常に合理的な手法です。しかし、従業員の能力値を正確に把握するためには、テスト内容そのものの品質が問われます。社内試験は平易すぎても難解すぎても意味を成しません。大切なのは自社の企業価値を高める人材であるか否かを判断することです。どのような根拠をもとに問題を作成し、何をもって合格基準とするのか、明確な意図による設問や論理展開が必要です。

このような問題を作成することは、それ自体が困難であるばかりでなく、貴重な経営資源をテスト作成に費やすことになってしまうでしょう。そこでおすすめしたいのが、社内試験用のテストを簡単に作成できるクラウドサービス「ラクテス」です。ラクテスは、ExcelやSEOなどの基礎問題から、リスティング広告の運用や不動産登記法に関する専門性を問われる問題まで、幅広い領域のテストを簡単に作成できます。ラクテスについて詳しい情報を知りたい方は下記URLをご覧ください。

スキルチェックをクラウドで簡単に|ラクテス

まとめ

企業にとって人材は非常に重要度の高い経営資源であり、人的リソースの配分は組織全体の業務効率と労働生産性に大きく関与します。スキルマップを作成することで従業員一人ひとりの能力値が可視化され、定量的な分析に基づく人員配置や事業戦略の策定につながるでしょう。ぜひ、本記事を参考にしてスキルマップの作成や社内試験の実施に取り組んでください。

page top