誤字脱字・用語の誤用を校正できるかをチェックできるテスト(1)

校正スキルチェックテスト 1 誤字脱字・用語の誤用に関するテスト

文章の校正スキルをテストする問題です。文章内の誤字脱字や言葉の誤用に気づき、正しく修正できるかどうかをチェックすることができます。

この「校正スキルチェックテスト 1 誤字脱字・用語の誤用に関するテスト」は、必要最低限の正しい日本語を使用することができるかどうかを判断するテストです。日本語で書かれた文章内の誤字脱字や、言葉が誤用されている部分を見つけ、正しく修正できるかどうかをチェックします。このテストでは、主観的な好みによって文章表現を修正するのではなく、一般的に標準語として使用されている日本語として正しく直せるかどうかをテストするものです。ライター、校正者、編集者、広報など、文章の校正スキルが必要な職種の採用テストや、採用後のスキルチェックに使用できます。

対象職種
ライター、編集者、広報など校正スキルが必要な職種
問題形式
選択式
問題数
全10問
制限時間
45分

テスト問題プレビュー

以下の文章には誤りが含まれています。誤っている部分がいくつあるか、数を選んでください。 事実関係(ファクト)のチェックは必要ありません。

1. 中世代に陸上で栄えた爬虫類。白亜紀末、アンモナイトなど動物の多くの種とともに絶滅した。その原因を説明する仮説は数十に及ぶ。 大別すると、因石衝突説や彗星遇遭説、熱風説などのように地質学的に短期間に起こったいう激変説と、海退説や種族老化説、温度低下説などの漸減説とがある。

2. きょうは曇天でうっすらと雪が積もっている。啓介は不登校から立ち直り、人生を建て直すべく通信制高校に在席しているが、やはりスクーリングに行くのは億劫だ。気がすすまないながらも、いそいそと通学の支度をしながら、楽しかった幼小時に思いを馳せた。かりそめにも、あの頃は優等生と言われていたんだよな、と思うと複雑な気持ちになる。

3. 川に添って歩いていくと、瀟洒なつくりのペンションが見えてきた。ゴテゴテした華美な装飾が悪趣味と旅行サイトの口コミにあったが、納得である。ここのオーナーは弱冠50歳にして地元では有数のスーパーを経営する立志伝中の人物という話だ。近隣の漁港でとれる魚介類をふんだんに使った海の幸が名物だというから、夕食が楽しみで仕方ない。

無料登録をすると、
この問題を無料でご利用いただけます!

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

満永亜美(監修者)

サイトエンジン株式会社の社内ライターとして、自社サイト内の記事をはじめ、様々な記事のライティング・校正を行っています。

page top