行政書士に関するテスト

行政書士に関するテスト

行政書士の試験科目のうち、民法・行政法に関する問題です。法務事務所・弁護士事務所のほか、一般企業の法務部でのスキルチェックに使用できます。

行政書士は、法律に基づき、他人の依頼を受けて、官公庁に提出する書類を作成します。このテストでは、行政書士試験で最も配点の高い「民法」と「行政法」の範囲から出題します。法務事務所のスタッフ採用試験や一般企業の法務部での研修後のスキルチェックなど、民法と行政法の基礎知識を有するかどうかをチェックしたいときに使用できます。
民法と行政法について記述された3つあるいは4つの選択肢の中から、最も正しいと思われるものを1つ選択して回答します。問題は全部で20問です。このテストの回答にかかる時間の目安は30分から1時間です。必要に応じて制限時間を増減してください。

対象職種
行政書士など民法・行政法に関する知識が必要な職種
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
30分から1時間

テスト問題プレビュー

1. 制限行為能力者の中で、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者はどれでしょうか?

2. 占有改定が含まれるものはどれでしょうか?

3. 登記がなくても対抗できるのはどれでしょうか?

無料登録をすると、
この問題を無料でご利用いただけます!

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

南本町行政書士事務所(監修者)

代表行政書士 西本忠敬
申請取次行政書士

大阪市中央区で主に中小企業向けに契約相談、事業承継、事業の買取、売却相談、デザイン、作曲に関する著作権の権利確定、帰化申請、海外在住の元日本国籍者に対する再度の日本国籍の取得に関する再帰化申請も行う。
また行政書士試験を受験する社会人のための個別相談、個別の受験対策を行い、毎年多くの合格者を輩出している。
特に記述式で50%を死守する解法パターン講座には定評がある。

page top