日商簿記3級程度の実務能力を測るテスト問題

簿記実務能力テスト(3級相当)

仕入・現金・売上など、日商簿記3級程度の基礎的な仕訳スキルをチェックするテストです。

会計ソフトの普及に従って、手作業で仕訳を記入するケースは減少しました。しかし、企業の経理・財務担当は正しい会計知識を持っていることが必要です。このテストでは、仕入・現金・売上・売掛金などの基本的な勘定科目を用いて正しく仕訳を行うことができるかをチェックできます。難易度は日商簿記3級相当です。経理や財務担当の採用時のスキルチェックなど、商業簿記の基礎知識を測りたいときに使用できます。
仕訳に関する記述に対して4つの選択肢があるので、その中から正しいと思われるものを1つ選択して回答します。問題は全部で20問です。このテストの回答にかかる時間の目安は60分ですが、必要に応じて制限時間を増減してください。

対象職種
経理・財務担当
問題形式
選択式
問題数
全20問
制限時間
60分

テスト問題プレビュー

1. 次の取引を行った場合、正しい仕訳はどれか? ・A商店は販売用の商品2,000円分を仕入れ、支払いは現金とした。

2. 次の取引を行った場合、正しい仕訳はどれか? ・A商店は商品2,000円を売り上げ、代金は掛けとした。

3. 次の取引を行った場合、正しい仕訳はどれか? ・掛けで売り上げた商品に不良品があったため、1,000円分の返品を受けた。

無料登録をすると、
この問題を無料でご利用いただけます!

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

永田武士(監修者)

公認会計士として現在,上場企業などの監査業務(インチャージ,パートナー,金融庁対応の経験もあり)を行いつつ,予備校や大学にて簿記・経営学などの講師も担当している。「誰よりも分かりやすく丁寧に教える」ことをモットーにしている。

page top