ビジネス一般常識テスト 1

このテストは、新入社員や昇進候補者、現職社員を対象に、ビジネスマナーや一般常識のレベルを評価するためのものです。企業文化への適応度や基礎知識の確認を目的としています。

このテストは、新入社員、昇進候補者、現職社員を対象に、ビジネスマナーや一般常識の理解度を評価するためのものです。

テストの問題は、主にビジネスマナーや一般常識に関する内容で構成されています。例えば、電話のかけ方や受け方、名刺交換のマナー、エレベーターや階段の利用方法、オンライン商談時の注意点など、ビジネスシーンで必要となる基本的な知識や振る舞いについての問題が含まれています。

これらの問題を通じて、受験者がどの程度ビジネスマナーや一般常識を理解し、実践できるかを把握することが期待されます。特に、企業文化への適応能力、コミュニケーションスキル、基本的なマナーの理解度を評価するのに役立ちます。

このテストは以下のシーンでの活用が期待されます。

・新入社員の研修期間中: 研修開始時に受験させ、基礎知識の理解度を確認し、追加の教育や指導が必要かを判断する。
・採用プロセス: 採用候補者の適性評価の一環として利用し、ビジネスマナーや一般常識のレベルを確認する。
・社内研修の一環: 定期的な評価として利用し、従業員のスキル向上やマナーの維持に役立てる。
・昇進試験: 昇進候補者の評価基準の一つとして使用し、リーダーシップを発揮できるかを判断する。
・トラブルシューティングやクレーム対応のトレーニング: 実際のビジネスシーンでの対応力を向上させるための訓練材料として利用する。
・コンプライアンス教育: 従業員が法令や社内規定を遵守する意識を高めるためのツールとして活用する。
・自己評価とキャリア開発: 従業員が自身の強みや弱みを理解し、キャリア開発やスキルアップに役立てる。

このテストを通じて、企業は従業員のビジネスマナーや一般常識のレベルを高め、組織全体のパフォーマンス向上に繋げることができます。

対象職種
この問題は、転職者希望者向けです。
問題形式
選択式
問題数
全19問
制限時間
30分

テスト問題プレビュー

1. 電話をかけるときには、まず、自分が話したい相手がいるかどうかを確認してから用件を伝えるとスムーズである。

2. 電話をかけるときには、始業時間と終業時間を確認したうえで、昼休み等の時間は避け、手短に用件を済ませるようにする。

3. 顧客の個人情報の取り扱いにさえ注意していれば、同僚や上司のプライベートの電話番号や住所を教えても問題ない。

4. 有給休暇には法的ルールが定められており、従業員は、有給休暇をいつ取得するかを自分で決める権利はあるが、取得の理由を報告する義務がある。

5. 社内で面識のあるお客様に会った時には、「お疲れ様でございます。」と声をかけ、コミュニケーションを取ることが望ましい。

6. 名刺を交換する時には、訪問された側から先に名刺を渡すようにし、片手で名刺を差し出し、もう片方の手で相手の名刺をもらうとスムーズである。

7. 名刺を交換する相手が複数人いるときには、目上の人から名刺を交換し、名刺は両手で受け取るようにする。

8. 複数人と仕事をする場合、相手に人を紹介しなければならない時には、自社の人を紹介するようにし、紹介する際には、立場や肩書、年齢が上の人から順に紹介する。

9. 取引先の人を紹介するときには、付き合いの長い人や、親密な関係にある人から紹介し、同程度の場合には、目上の人から紹介すると良い。

10. ビジネス文書を作成する場合には、口語体を避け、見出しや改行を適切に使い、縦書きでわかりやすく書くことが望ましい。

法人専用サービスです。
無料登録でこのテストを無料利用できます!

プライバシーポリシー利用規約にご同意の上送信してください

ラクテス無料登録

問題作成者紹介

ラクテス編集部

ラクテスはクラウド上で簡単にテスト作成・実施ができるサービスです。

page top